QRコード
QRCODE

2015年03月31日

新勧オリエンテーション情報

遅ればせながら4月2日からの新入生歓迎期間にて我々革命戦線も新兵徴募を行うのでブースの場所や日時等をお知らせです

日時:4月2日(木曜日)~4月4日(土曜日)
 なお、3日間とも10時~18時までの活動となっております。

場所:東洋大学白山キャンパス 1号館5階 1509教室


新勧オリエンテーション期間中の3日間はビラ配りやポスター掲示なども行われていますのでそちらの情報も頼りにしてください。
期間中の党員は尽く軍装したりしているので教室の場所がよくわからないという時はたとえ見つけた人がコワイお兄さんだとしても怖がらずに聞いてみてください。


サバイバルゲーム、あるいは革命戦線に興味のある方は是非ともブースへと足をお運びください。
新入生向けの活動説明の他、少量ですが銃や資料の展示などを行っております。


上記期間中のどの日程もブースへ立ち寄れない方も後日、新入生向け説明会の日程や新入生向けの連絡先を記したブログ記事を更新しますのでそちらの情報の確認をお願いします。


艦○れミ○姫大好き兄貴、BF1942あるいはBFバッドカンパニー大好き兄貴、ザ・ウォーカーやニューヨーク1997大好き兄貴、翠の海信者兄貴等々どなたでも歓迎しておりますので是非ブースの方へお立ち寄りください  

Posted by ひずみ at 20:24Comments(0)党中央命令

2015年03月20日

クロアチアな日々Ⅱ

皆様、おはこんばんちは!ヒキョウでございます!
今回は3月15日(日)、千葉県のBBジャングルBフィールドで行われたボスニア199Xに先駆けた交流戦のお話です。




ボスニア199Xは今年の11月22日(日)に予定されているボスニア・ヘルツェゴビナ紛争のヒストリカルゲームになります。レギュレーションを含めた詳細は以下の特設ブログをご覧ください。( http://yugowar199x.militaryblog.jp/

交流会当日ですが、心配された雨もサッと降っただけでした。交流会には20名前後の方々が参加しました。ゲームはボスニア、クロアチア連合とセルビアの二勢力に分かれて行われました。
ゲームはフラッグ戦を中心となり、また復活カウンターありの攻防戦もおこなわれました。皆様、歴戦のサバゲーマーもとい戦士でまだまだルーキーの私はヤられてばかりでしたw
休憩時間には互いの装備の意見交換やおしゃべりが盛んに行われて雰囲気はとてもほんわかとしたものでした。


また特設で物販会もおこなわれました。


私事になりますと物販会でグレー単色のクロアチア製の水筒ポーチを譲っていただきましたw


さらにボスニア199Xをよりよいものとするための意見交換会も行われました。

今回の交流会で私は改めてボスニア199Xにむけてテンションを高めることができました!
このブログを見てくれた方が少しでもボスニア199Xに興味をもってくださったら幸いです。
内容は薄く短くて申し訳ないのですが以上で終わります。またどこかでお会いしましょう!



  
Posted by ヒキョウ at 22:28Comments(0)

2015年03月19日

2015年03月05日

クロアチアな日々

皆様、おはこんばんちは!ヒキョウでございます!

えっ?何?前回の装備関係の投稿からだいぶたってないかって?すみません、知らない子ですね。(すっとぼけ)

そんなことは置いといて(汗)、私がサバゲーでしている装備について説明します。
私がしているのはクロアチア防衛評議会(HVO(ハーヴェーオー))のビッグエレファントと呼ばれるボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時に存在した部隊になります。
下の画像はHVOのパッチになります。



クロアチア防衛評議会は簡単にいえばボスニア・ヘルツェゴビナ連邦内のヘルツェグ=ボスナ・クロアチア共和国の軍隊です。中でもビッグエレファントはクラスノヴィッチ大佐指揮下の外国人傭兵部隊で世界各国の練度様々な兵士たちが参加してました。日本人も何人か参戦したようで例としてはアフガニスタン、カレン民族解放戦線などで活躍した高部正樹氏が挙げられます。
下の画像はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時のボスニア・ヘルツェゴビナ連邦内の勢力図です。(出典http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f2/Bih94.JPG/200px-Bih94.JPGはボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍(ARBiH)、はクロアチア防衛評議会(HVO)、はセルビア人勢力のスルプスカ共和国軍(VRS)です。



さて、前置きはここまでにして本題に移りたいと思います。


デデドン!こちらは昨年のVショーでレッドアフガンさんより購入しましたクロアチアウッドランド迷彩のカモシャツです。このクロアチアウッドランド迷彩はアメリカのウッドランド迷彩がモデルになっていると考えられます。
下の写真はアメリカ製ウッドランド迷彩との簡単な比較になります。ごらんのようにクロアチアウッドランド迷彩のほうが濃い色合いになっております。


また形も異なり、肩の部分にエポレットがついていたり、胸ポケットのボタンが2つから1つに簡略化されています。あと、着色の具合がよくなく退色なども激しいです。(私のカモシャツは写真の後さらに退色が進み、2015年3月4日のサバゲーをもちまして観賞用になることが決定しました)

続きましては


デデトン!!クロアチア製アサルトベストです。こちらはレッドアフガンさんにわざわざダージリンさんの国もといイギリスのお店から取り寄せていただいたものになります。
このベストは下の画像のTAC-V1ベスト(出典http://www2.wbs.ne.jp/~camo0/it-od-tacv1.jpg)がモデルになっていると考えられます。(というかほとんどパクリ)


色はクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの風土に合わせたウッドランド迷彩(たぶんクロアチアウッドランド迷彩)で緑色の部分はメッシュ、ポーチはコットンになっています。肩はマジックテープ、横腹はひもででサイズ調節ができ、M16系AK-47系のマガジンが楽々入るマガジンポーチが6つ、大きめのポーチが背中に1つ、小さめのポーチが胸と左肩の部分に計3つ、内側に中くらいのポーチが2つありポーチのふたは左肩のポーチのみボタンで残りはマジックテープになります。また背中、内側を除くポーチには水抜き用と思われる穴があります。
下の画像は当時の使用例になります。笑顔がステキですw


私のは若干退色が進んでおりやや明るめになっています。マガジンポーチはバトルダメージのためか6つ中5つに穴が開いており内2つはマガジンがこぼれてしまいそうなくらいの穴が開いています。また、ピストルベルトを通す部分はやや溶けた感じのダメージがあり、2つともたまらない雰囲気をかもし出しております。

以上散々くっちゃべりまして以上で装備のレヴューを終わりにします。
上記の装備をそろえるうえでレッドアフガンさんには多くのお力添えをしていただきました。本当にありがとうございます。
長文失礼いたしました。またいつかどこかでお会いしましょう!  
Posted by ヒキョウ at 14:56Comments(0)装備

2015年03月05日

3月4日東海大学さん主催貸切サバゲー

皆様、おはこんばんちは!ヒキョウでございます!

私はタイトルの通り、3月4日に東海大学さん主催貸切サバゲーに同志ソコロヴィッチ氏とともに参戦してまいりました。
下の写真は当日の我々、左はソコロヴィッチ氏、右は私です。
左はソコロヴィッチ氏、右は私



今回の戦場(会場)は東京サバゲーパークさんでA・B両面を使いました。東海大学さんはもちろんのこと、法政大さん、日大さん、名城大さんなど総勢(確か)58名の戦士たちが赤・黄のチームに分かれて乱舞しました。

当日の朝は雨が降っており昼間どうなるか心配でしたが、予報通りに晴れてサバゲー中はむしろ暑いというくらいになりましたw


(実はこれ以上写真を撮ってないということ内緒ダゾ!)


ゲームはセミオート限定・20回までしか復活チケットがない・全員メディック等々のルールを加えたフラッグ戦、大統領直掩戦、スポンジブレード奪取戦、カウンター戦と私が個人的にあまりやったことのないゲームが多く新鮮で楽しかったです!

私事になると市街地フィールドで戦ったことがあまりなく悪戦苦闘してましたw(4キル20デスがすべてをものがったている)
おまけに大統領直掩戦ではチームで唯一メディック能力をもった大統領になったのに開始30秒でヤられるという大失態を犯し、チームを敗北へと導いてしまいました。本当にすみません。また違うゲームの時は味方の射線に飛び込んでFF喰らうなどろくなことをしませんでしたw

以上で報告を終わります。最後に今回このような貸切を開催してくださった東海大学さんありがとうございました。  
Posted by ヒキョウ at 12:37Comments(0)活動報告