QRコード
QRCODE

2012年12月21日

電動すこるぴおん 木グリ加工

さてさて、ここんとこ分解する銃がなくて飽き飽きしていたところに、書記長の中華スコルピオンが自分のところにやってきました。

なんか付いてるのは「お前Vショーの報告一番遅いって言われてるぞ とりあえず脱げ」を参照の事

で書記長の要求は性能面での修理とグリップを木っぽくして~とのこと

つうわけで、こいつ↓を

こんな感じ↓にしやう
まずは、本体からグリップを取り外して、中性洗剤で洗浄そして脱脂

↓ライフルグリップになったスコーピオン

握った感じはBARのイメージ

横向きの溝が気に入らないので、パテで埋めます、ついでに全体にもパテを塗って粗くします。


固まったら、ナイフとやすりで形を整えて、最後に粗いやすりで傷つけます(主に縦方向に)。
表面の削りかすを除去したら、Mrカラーのタン(艦船の木製甲板に使う色)をスプレーします。

下地の色が見えなくなるまで塗ったら、一度乾燥させます。
乾燥したら、今度はタミヤカラーのビンのレッドブラウン(WWII独戦車の三色迷彩の茶色い色)を全体にドライブラシ(筆に付けた塗料を......説明しにくいから自分でググってちょ.....して塗装する手法)します。
するとどうでしょう、あら不思議.......








うん、なかなかのでき。
仕上げにMrカラーのクリアコートを吹きかければ完成

ニス仕上げにするにはクリアコートする前に、クリアーオレンジで濃くドライブラシしてから、つやありのクリアコートを吹けばいい感じになりますが、手元にクリアオレンジがなかったので、今回は省略しました。



あ~コン電のメカボバラしたくね~






同じカテゴリー(装備)の記事画像
家庭用プリンターで自作パッチを作ってみる【初心者向け講座】
オーダーメイドのプレキャリ(SSPC3.0)を発注してみた
真夏(大嘘)の夜の製作記(迫真EMY部3)
迫真EMY部 ~剣製の裏技~
ARC'TERYX LEAF KNEE CAPSレビューとニーパッドの話
東ドイツ 労働者階級戦闘団
同じカテゴリー(装備)の記事
 家庭用プリンターで自作パッチを作ってみる【初心者向け講座】 (2018-09-01 17:06)
 オーダーメイドのプレキャリ(SSPC3.0)を発注してみた (2018-08-22 12:45)
 やったぜ。 投稿者:変態糞剣士 (迫真EMY部4) (2017-12-04 01:13)
 真夏(大嘘)の夜の製作記(迫真EMY部3) (2017-10-22 22:38)
 迫真EMY部 ~剣製の裏技~ (2017-08-07 02:21)
 ARC'TERYX LEAF KNEE CAPSレビューとニーパッドの話 (2017-01-04 23:00)
Posted by rick軍曹 at 22:10│Comments(4)装備
この記事へのコメント
なんだクォレェ…
いいゲリラ臭じゃまいか
Posted by バクーニン at 2012年12月21日 23:17
うちのAIMSも頼もうかなぁ。
中身も…
Posted by general-tea at 2012年12月22日 12:10
ほぅ…
Posted by Медведь at 2012年12月22日 19:19
( Д) ゜ ゜

何ぞこのクオリティ...
Posted by Andy at 2012年12月23日 02:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。