QRコード
QRCODE

2013年01月09日

キャリングハンドルルァ

今日は新年初めての部会が開催されました。
書記長も脱北(意味深)できてひと安心。

そんな部会にaks兄貴がくそったれM4のガワを大量に持ってきたので、その中からひとつのパーツを譲っていただきました。

そう、キャリングハンドルです。

正直このキャリングハンドルのデザインは好きなんだよなぁ…
コンパクトかつ使いやすいサイト付き、アメリカンだけど結構お気に入りです。
M4からよくハンドル外して何か乗っけてるのを見る度に悲しくなる(迫真)

そんなキャリングハンドルルァを、我が家のAIMS(照星、ハイダー無し)にくっつけてみた。

すっげえシュール、はっきりわかんだね(迫真)
でも以外と良い可能性が微レ存…?

ここでいろんなキャリングハンドル君を見てみませう。


まずキャリングハンドルと言えばフランスのファマスのものが有名かしら。
ハンドルにしてはばかでかいですが、その分運びやすそう。
でもファマスってハンドルの真下に…何でもない。


次は革命戦線の副部長rickの愛銃G36系のハンドル。※画像はG36k
最初からスコープ付きとはたまげたなぁ…
フルサイズこそが正統なる唯一神たる[G36]は最初から光学照準器がついてます。みんな、買え(迫真)


英国ではもう近衛兵くらいしか持たなさそうなL85系のハンドル。
シンプルな形は以外と好き。
まぁ大英帝国が誇るブラウン・ベスが銃の中じゃ一番シンプルかつ美しいがな!



ガリルやFALといったバトルライフル(ガリルってそうだっけ)からPKMやミニミ等軽機関銃にもついているハンドル。
これいつか折れそう、そう思った。


キャリングハン(ry
多分本体土台後方に伸びているのがハンドル?
ちなみにこいつの正式名はロシア帝国の[PM1910]です。
天空の城(略)にもでてました。

長々と書きましたが多分間違っている部分は模範的同志が指摘してくれると思う(他力本願)
革命戦線の同志諸君も何かしら記事をかいて、今年の活動(サボタージュではない)を盛り上げませう。

オマケ








Posted by general-tea at 23:14│Comments(6)
この記事へのコメント
なんだよクォレ…(困惑)
SV98のキャリハンが紹介されてない、訴訟
Posted by バクーニン at 2013年01月10日 07:53
もう笑うしかない
Posted by Rick at 2013年01月10日 09:52
もう笑うしかない
Posted by Rick at 2013年01月10日 09:52
そんな貴方にはM16A1又はA2のキャリハン一体型レシーバーがオヌヌメ
フラットトップレシーバー(笑)
Posted by Andy at 2013年01月11日 00:25
こんなときどんな顔すればいいかわからないの。

VSRのスリングから昭和の猟師さんの香りがする。
Posted by aks47 at 2013年01月11日 02:11
なぜか九六式15糎榴弾砲を彷彿させ、ガダルカナル島の戦いが思い出された(糖質)


車輪ついてるの大好き
Posted by デュク士 at 2013年01月13日 18:44
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。