QRコード
QRCODE

2020年03月26日

タイ実弾射撃体験記

สวัสดี ครับ



どうも、先日無事卒業し働きたくなさがMAXになっている主膳でございます(働きたくないでござる)(4年のくせに初投稿とかなめてんの?)


というわけで、3月14日から18日の間に革戦同期で中学以来の腐れ縁であるsbkwと共にタイに卒業旅行に行ったきたのですが、そのなかで実弾射撃を体験してきたので今回はそのことについてレポってみようと思います。
(他の人みたいに面白いこと書けませんがご容赦を)


今回訪れたのはバンコクにある「BKKシューティング」さん。
[タイ 射撃] で検索すると一番上に出てくる、日本人向けの実弾射撃体験ができる施設です。


ホームページが全て日本語であり、日本人の方が運営されているので初めての人でもハードルが低いです。

あらかじめホームページから申し込んでおくとタイ人のスタッフがホテルまで迎えに来て下さるので車で射撃場まで移動します。


射撃場はタイ国家警察の施設を使用しています。そのため民間の射撃場とは違い、銃弾の火薬は警察が使用するものと同量のものを使っているそうです。


現地で今回体験するセットを選んだあと銃の使用に関する説明を受けたら早速射撃体験開始です。


普段の革戦貸し切りサバゲーだったら撃つたびに「あぁ^~、白い弾がどぴゅどぴゅいっぱい出ちゃうのぉぉぉぉ」とか言いながらやるもんですが(フィールド出禁不可避)、流石に実弾なので緊張感があります


今回選んだのは38口径のリボルバーを10発、9mmの自動拳銃を50発、45口径の自動拳銃が30発、22口径のボルトアクションライフルが30発、ポンプアクションのショットガンが10発
これらを体験できるセットで、お値段は6800バーツでした。

私がまず最初に撃ったのはCZの22口径ボルトアクションライフルです。


22口径弾は非常に小さいため、発射音は控えめで反動も非常に小さいものでした。しかし、やっぱりボルトアクションを自分で操作するのは楽しかったですね(小並感)


ちなみに、我々は最初からボルトアクションの操作法を知っていたため、サポートの警官から「お前ら撃ってるだろ」と言われてしまいました。ち、違う!僕たちはおもちゃで遊んだことがあるだけなんじゃ...

たしかにボルトアクションの操作法なんて普通は分からんでしょうし、初めて触る人がそうそうスムーズに動かせるもんじゃないんでしょうね。
まあ警官が客をいい気分にさせてチップもらうためにおだててるだけかもしれませんが...
別にイキってるわけじゃないからイジメないでね...



続いては9mmの拳銃、まずはグロック19です。

22口径ライフルは反動をあまり感じなかったため、9mm拳銃のしっかりした反動に最初は戸惑いましたが、慣れてくるとトリガーも引きやすく、本体もあまり重くはないため気持ちよく撃つことができましたね。



続いては同じく9mm、ベレッタM8000クーガーです。

どうもこの銃はトルコのライセンス生産タイプであるストーガークーガーらしいですね。
グロックに比べると少し重く、引き金に多少の遊びがあるためしっかり引き切らなくてはなりませんが、個人的に狙いはつけやすく感じました。反動の感じも少しグロックとは違いましたね。



次は45口径、皆さん大好きガバガバメントです(忘れるな、ガバガバ核兵器投下事件2020)

1991って書いてあるのでM1911とは違うモデルなのかもしれません。

9mm弾を使う拳銃と比較すると、少し反動は強めで撃った後すこし照準がぶれてしまいました。



次はリボルバー、米国ルガー社製のSecurity Sixという拳銃です。
私はこのいかにも拳銃って見た目の拳銃が大好きでねえ(性癖)
本来はマグナム拳銃らしいのですが、流石に初心者にマグナムは無理なんで撃ったのは普通の38口径弾です。

自動拳銃とは違い、ダブルアクションの回転拳銃は撃鉄が起きるまでしっかり引く必要があるのですが、意外にも撃った時の銃の跳ね上がりはとても小さく、次弾の狙いもつけやすかったです。
自動拳銃と違ってスライドが動かないんで、その辺が理由かもしれませんね(適当)



さて、最後はいよいよショットガンです。

撃ったのは真ん中の木製ストックのやつなんですけど、レミントンのポンプアクションショットガンであるってこと以外は良く分かりませんでしたorz
たぶんM870なんじゃないですかね(雑)


んで、実際に撃ってみた感想ですが・・・
とにかく反動が他の銃とは比較にならないほど強い!

音も大きいですし、支えている肩に感じる♂反動も強烈でした。
素人だから構え方も良くなかったのかもしれませんが、ぶっちゃけ肩が痛かったですね(おかたこわれちゃ~↑う)

ポンプアクションの操作は気持ちいいし、強烈な衝撃はいかにも銃を撃ってる感があって楽しかったのですが、ちょっと撃ってて怖かったです。
正直こんな反動がある銃をソードオフ状態にしたり、腰だめで撃ったりする自信は私にはないですね。



取りあえず撃った銃は以上になります。構え方が下手とか言わないように。泣くから。 

皆さんもタイなど銃を撃つことが出来る国に訪れた時にはぜひ実弾射撃を体験されてはいかがでしょうか。



おまけ:MBKで変な写真を撮るsbkw
  
Posted by 革命戦線広報委員部 at 16:40Comments(0)

2020年03月03日

露軍装備買ったよ。 ”装備買いました自慢とロシア装備のすゝめ。”

Здравствуйте.
 こんにちは、同志諸君。機能してないゴミカス渉外のGBSW君です。お前はブログなんて書いてないで早く働け。カメラマンとして働いてます許してクレメンス。ならせめてもっといい写真を撮れ。はいほんとその通りですごめんなさい。

 そんなこんなで新しい装備を買いました(脈絡#とは)
・一貫した筋道。すじ。続き。
・血液の流れる管。
 ほぇー、ためになったねぇ。

図1.今日届いた装備(6B47・シリアデジタル上下+制帽・○イ○ン)
 
 今日の茶番はここら辺にしておいて本題に入りたいと思います。Q.いつもはもっと長いしグダグダなのになんでだろう。A.早くこの装備を自m....布教したいからです。はい。オタクの性(さが)ですね。はい。

 はい!では!本日紹介させていただく装備はこちら!(私の装備布教はこれが初めて)
デデン!

図2.私なりのシリア派遣装備

 えー、こちらの装備はですね、2017年頃からロシア軍(シリア派遣部隊)による使用が確認されるようになりました迷彩服、6b47というヘルメットに6b50(ゴーグル)を取り付けたもの、6b45ボディーアーマーとそして6b51プロテクターでございます。迷彩服の名前はわからないので、ここでは「シリアデジタル」と呼ばせていただきます。
 え?2つは柄が違うし色的に用途も真逆の場所を想定されてるのではないか?って?いいえ、そんなことはないのです。
 なんとこの装備、
一緒に使われているんですよ!

図3.使用例1

図4.使用例2

 正直なんでかはよくわかんないです。(無知)  ロシア人なんてみんな適当だから、シリアデジタルの服はできたけど防具はまだ新調できてなくて今までのやつ流用してるとか、そんな感じじゃないですかね?実際、シリア派遣の人たちでもデジフロだったり熱帯服だったり、着ている装備が多種多様なんですよね。あるいは、部隊の差かなにかなんですかね。(なんならBDUと装備が違うことの方が多いですね。デジフロBDUには流石にみんなデジフロ装備ですけど)

図5.デジフロ

図6.熱帯服

図7.シリアデジタル+熱帯服

 で、ですね。シリア派遣装備はここで終わりにしておいて、もう一つ、このヘルメットのおかげでできるようになった装備があるんですよ。それがですねこちら!
デデン!


図8.RATNIK(風)

 えー、こちらはですね、ロシア連邦軍によります「RATNIK(ラトニク)」装備を模したものでございます。「模したもの」というのもですね、こちらの装備本来6sh116、あるいは6sh117というベストを使っているのですが私が持ってるのは6sh112というものでして、少し違うんですよね。ただ、これについてるポーチを6b45に直付けした写真を最近ではよく見かけるので、それでいいかなって思ってます。
 この装備に合わせるアサルトライフル(エアガン)としてはできればAK12やAK15といった、同時期に改良開発されたAKシリーズがいいですが、少し前から使われている(まぁ完全配備までの代用品、いわば妥協ですよねw)AK74MN、AK105シリーズも使用例が多いので、そちらでもいいですね。まぁ、私はどっちも持ってねぇんすけどネ!
 その代わりと言ってはなんですが、PKPも正式に使われてるんで、私がこの装備をするとき、当分はそっちを持って行くことになりそうですね。絶対嫌。(鋼の意思)(ハガネなのかイシなのか)
 この装備、防具は先程のままなのですが服が6sh122(ラトニクスーツ)というものを使っておりまして、こちらSSOという会社が作っております物が正式採用なのですが、他にBARSという会社が作っている物もあるんです。この二つ、色合いが全然違くて、すごく面白いんですよね。あ、ちなみにこのお洋服、リバーシブルなんです。季節による植生に変化に対応して変えることができちゃう優れものなんです‼

図9.BARS(左)とSSO(右)色比較。

 なにを思ってこんなに違う色にしたんでしょうね。一応BARSの使用例もごく稀に見るのですが、まぁほとんど見ませんよね。もっと寄越せって思ってた時期もありました(あの頃はSSO製持ってなかった)。
 これ、二つ持ってるんですけどなんで両方ともめちゃくちゃでかいサイズなんでしょうね。同じ体型の人なら2人入れるんじゃないかってぐらいでかいんですよこれ。自分に合うサイズを見つけたいですね。

図10.ラトニク装備の人達

 もう一つ、RATNIKとシリアのお話なのですが、実は砂漠用(?)のRATNIKスーツというものも存在しており(言い忘れてましたが、さっきのはどちらかというと森林用ですよね。CQBでももちろん使いますが)、とても少数(な気がする)ではありますが、シリアでの使用例が確認されております。いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、マジ綺麗。かっこいい。くssssssssssssっそ好き。

図11.砂漠RATNIKスーツ

 そんなこんなで、購入装備紹介とシリア派遣部隊・RATNIKの雑な説明と布教を終わらせていただきます。少しでもロシアに興味を持っていただければと思います。なんか言いたいこと他なかったっけ?まーいーかー。(適当)

(この記事はあくまでサークル員への装備布教を目的に書いているため、説明を省いている箇所が多々見られます。また、うp主はそこまで知識があるわけではないし説明が下手なので、正しく伝わっておらず語弊を与える言い回しになっていたり、伝えるべき事が抜けている可能性がありますが、文句は言わないでいただけると嬉しいです。また、もし記事を見た方で「ここ違うよ」や「あの装備の名前はこれよ」など、ございましたらコメントしていただけると助かります。)

 あ、そうそう、シリアデジタルは最初のうちこそ熱帯服柄やデジフロとの併用が主でしたが、1年ぐらい経った頃からシリアデジタルの装備もちゃんと出てきて、今では統一された写真も結構多く出てきています。ハーーーー、好き。

図11.全身シリアデジタル

 では、До свидания‼またいつかお会いしましょう!今度はおそらくAKとかSVDとか、何かしら銃を買った時の報告になると思われます。ノシ
 
 あっ!!!(早く終われ)
 そういえば今週末、合宿がありますね!楽しみです!装備は持っていかないと思いますけどね!haha!!!
 酒酒酒酒睡眠酒酒ゲロ酒
 みたいな感じになると思います。


【出典・参考文献;めんどくさいし正直引用元ほとんどわからんから省略ゥ!】  

Posted by 革命戦線広報委員部 at 22:44Comments(0)装備どうでもいいこと布教