QRコード
QRCODE

2013年06月06日

GHK AIMS

どうもこんちゃ~す。今回は画像と文章多めです。
同志プリン君はGHKのAK GBBシリーズが気になっているらしく、手にとって見せてケロと言われているのですが、
中々サバゲや部会行けないのでひとまずはネットでさわりだけ見せようと思います。いつかちゃんと持ってくかんね!
あ、もちろん皆さんも364364

外装はアウターバレル以外黒染めスチールで、私が勝手に思っているAK御三家(RS,VFC,LCT)の一つ、LCTが作っています。
おもちゃの鉄砲ですがおもちゃっぽくないです。(KONAMI)


分解する際にバレルがキズだらけになってしまったので、やっぱりこわれてるじゃないかヤスってからバーチウッドのアルミブラックで染めてみましたが、綺麗に染まりませんでした・・・(小声)
ムラだらけになりましたが、ポジティブな私は「撃ちまくって焼け付いたんだ」と納得してこの状態のままにしています。
なおフロントサイトの左右調整には結構高い専用ツールが必要です。上下の調整ツールは安価ですが。


お次にハンドガードですが、元々は左下のハンドガードが着いていました。AIMS東欧仕様とかいう名前で販売されているのはこの所為のようです。
現在はLCT製のフォアグリップきゅうり付きハンドガードに換装しています。


リベットがセクシー、エロいっ!
マガジンキャッチのピンは抜けやすいので注意。
サイドマウントにより各種スコープ、ドットサイトが装着可能です。AIMSのストックは右側に折れるのでストックの干渉を心配する必要がありません。
GHKのAK GBBシリーズには実銃サイズのグリップを取り付けることが出来ます。いま付けているのはソ連製のグリップで、野獣のような荒々しさです。
グリップのネジ頭が少し大きかったのでグリップの方をリューターで削って装着しました。ベークライトって柔いんですね。作業時間30秒以下でした。


分解する際は銀色に削れちゃってるこ↑こ↓を押します。


GBBならではのリアルな内部構造にご満悦です。
いつもチラチラ見てしまいます。さっき俺が分解してる時チラチラ見てただろ


こ↑こ↓がチャンバーです。HOPパッキンとバレルは電動ガン用を使います。←UPときたなく書かれてるのは私が刻み込んでやりました。
ホップアップは調整は難しいです。ドラムは際限なく回り、最大まで回して更に同じ方向に回すとまた最小HOPに逆戻りという感じです。
それはまだいいのですが、適正ホップにしたところで撃つとどんどんホップが弱くなる気がします。ホップの押しゴム(虫ゴムみたいなやつ)が原因だとかそうでないとかをどこかのブログで見ました。対策法としてプラモのランナー(?)を切って入れるとあったので真似してみましたが何も変わりませんでした・・・(小声)


そんなことより一番の鬼門(意味深)はこ↑こ↓です。こいついつもこ↑こ↓ばっか使ってんな。今は矯正(意味深)しましたがフロントサイトとガスブロックが右に左に曲がって付いていました。
殆んどの個体がそうらしいです。これはフロントサイトとガスブロックを支えるアウターバレルが曲がって着けられている為です。フロントサイトの乗っているブロック自体も曲がっていると、ボルトが干渉して動きが非常に悪くなります。もし曲がっていたら一度フロント全バラしてバレルを丁度いい具合にねじ込む必要があります。
更にねじ込む長さによってもブローバックの具合が変わるので、丁度良い位置をマークしておけば次回バラした時に楽になります。と、どこかのブログで見ました。


ボルトを裏から見た図です。真ん中の銀色のブツがフローティングバルブです。日本仕様だとか海外仕様だとかでこれの位置が違うとかそうでないとからしいです。
これの位置で初速とブローバック具合が変わります。因みに私の固体は日本仕様(UFC経由)のものです。


今日計った初速です。装弾数30発でこの初速となると、マルイグロックやハイキャパには大きさで負けますね。
ですがこの鉄砲をサバゲで使う人はそんなこと気にしないでしょう。ロマンですよロマン。

後、マガジンの挿入(直球)については細心の注意が必要です。奥のほうまでぶち込んでしまうとマガジンを分解しないと抜けなくなります。この感覚は身体で覚えるしかありません。ポッチャマ・・・
私の個体だけかもしれませんが、マガジンを奥に入れてボルトが変な位置で止まっているときにボルトを触ると暴発します。
私はそれでテレビを壊してしまいました・・・(絶望)。こんなヘマしないようにどんなときも銃口管理は徹底しなければならない(戒め)
総評として、ルックスは中も外も最高ですが、扱いには根気、技術、注意が必要な銃だと思いました。



同じカテゴリー(装備)の記事画像
家庭用プリンターで自作パッチを作ってみる【初心者向け講座】
オーダーメイドのプレキャリ(SSPC3.0)を発注してみた
真夏(大嘘)の夜の製作記(迫真EMY部3)
迫真EMY部 ~剣製の裏技~
ARC'TERYX LEAF KNEE CAPSレビューとニーパッドの話
東ドイツ 労働者階級戦闘団
同じカテゴリー(装備)の記事
 家庭用プリンターで自作パッチを作ってみる【初心者向け講座】 (2018-09-01 17:06)
 オーダーメイドのプレキャリ(SSPC3.0)を発注してみた (2018-08-22 12:45)
 やったぜ。 投稿者:変態糞剣士 (迫真EMY部4) (2017-12-04 01:13)
 真夏(大嘘)の夜の製作記(迫真EMY部3) (2017-10-22 22:38)
 迫真EMY部 ~剣製の裏技~ (2017-08-07 02:21)
 ARC'TERYX LEAF KNEE CAPSレビューとニーパッドの話 (2017-01-04 23:00)
この記事へのコメント
お年寄りのAKを酷使してはいけない。

なのでVFCの416 GBBを使いましょう(提案
Posted by えんどぅー at 2013年06月06日 22:30
AK御三家はCYMA,DBOYS,JGって言っただろ!!

○沢さんって意外と銃たくさんもってるんだよなあ…
Posted by Медведь at 2013年06月06日 22:50
(マルイじゃ)あかんのか?
Posted by general-tea at 2013年06月06日 22:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。